ワキ毛の処理法について

家庭用脱毛機によるワキ毛の処理

ワキ毛の処理法を考える女性

多くの女性がワキに生える毛をムダ毛として脱毛しているのではないかと思います。
各個人によって濃さや面積は異なり、多くの場合ワキ毛が発生するのは第二次成長期です。エステや美容クリニックだけで、今まではワキ毛の永久脱毛をすることができました。

 

家庭用脱毛器による脱毛の処理が近頃は話題になっています。脱毛専門のエステなどに行けばワキ脱毛を美しく仕上げることができますが、一定期間ごとに通わなければなりませんし、費用もかなりかかります。

 

一般の人にとってエステは足を踏み入れにくいところかもしれません。
自分の家で簡単にワキ毛を処理することができる家庭用脱毛器であれば、3万円位からでで購入ができます。長期間使うことができるということもあり元が取れますので、エステでの脱毛よりも良い面もあります。

 

大別すると値段が高くエステと同等に脱毛できる性能を持ったものと、値段はほどほどで小さめの使いやすものがあります。2つのタイプからどちらを選んだらよいのかは、脱毛範囲や程度によります。
エステの業務用機器のように毛根からワキ毛の脱毛をすることができるのが本格的な脱毛器具の特徴です。かなり肌が荒れてしまった人もいますし、肌にはまったく影響がなかったという人までいて、脱毛の効果というのは個人差があり肌の特徴やワキ毛の状態によっていろいろです。

 

数日たたずに毛の再生が起こってしまったという人もいますし、毛はほとんど生えてこなくなったという人もいます。

 

実際に家庭用脱毛機器を購入する場合には、あらかじめ性能などについて調べておいてからにしたほうが、脱毛の効果には個人によって違うこともあるので良いかと思います。

 

ニードル脱毛によるワキ毛処理

ニードル脱毛というエステで行われているワキ毛の処理方法があります。
ニードル脱毛の方法は、針を1本1本の毛穴に刺し、高周波や電気を流して損傷を毛根に与えるというものです。

 

実際に使用する針は、脱毛する場所や毛の太さによって異なります。これは脱毛処理を毛の流れを1本ずつ見ながら行うものなので、ワキ毛の処理をする場合には2〜3ミリは毛を伸ばすことが不可欠です。

 

これは時間がかかる方法で毛を1本ずつ除いていきます。痛みに耐えられないという人は、ニードル脱毛はかなり痛いので避けたほうが無難だと思います。痛みには施術する人のテクニックによって差があることも、ニードル脱毛において注意すべきことです。

 

肌トラブルで多いのは、かさぶたができてしまうことでこれは肌が炎症によって内出血をすることが原因です。新しいワキ毛は、ニードル脱毛によって脱毛処理をしてしまえば再び生えることはないとの事。ワキ毛処理といういつも行わなければならない煩わしさがなくなり、時間を節約することができるようになるでしょう。

 

エステの脱毛コースで、ニードル脱毛は10年以上前から使われてきた施術方法だそうです。脱毛方法を確認することが、エステの脱毛コースがクーポンになって配られている場合には重要です。ほとんどの場合、細かく脱毛方法が載っていないときはワキ毛処理の方法はニードル脱毛によるものです。

 

レーザー脱毛によるワキ毛処理

少なくないのが、ワキ毛のレーザー脱毛の施術を美容クリニックで受けている人です。
自分でワキ毛処理をすることができますが、時間がたてばすぐにまた毛が再生します。多くの人が肌のトラブルを抱えていたり、カミソリが肌荒れの要因になったりしています。

 

正確には永久脱毛ではないのがレーザー脱毛ですが、数回施術を受けていくうちに毛の量が減少したり毛の生え方がゆっくりになったりしてきます。毛根内にある毛母細胞を破壊するために、レーザー光で黒い色だけに反応するものを使ってワキ毛の処理をするのがレーザー脱毛というものです。

 

毛の部分がワキにレーザーを照射することで拡大するので、ワキ毛が濃く見えることが一過性ですがあるようです。1〜2週間で色は徐々に失われていきます。

 

施術のときの痛みはニードル脱毛ほどではなくても多少はあります。
片方につきワキの下であれば30秒ほどで終わるレーザー脱毛の施術時間は、とても短いのでお手軽です。皮膚の保護機構が脱毛をしてすぐは弱っているので、気を付けなければならないのは熱を伴う皮膚の腫れや、毛のう炎です。

 

軟膏をつけたり、幹部を冷やすなどして施術をした後はきちんとお手入れをしましょう。ワキのレーザー脱毛をする場合には時期を見て行うようにしなければ、治療を受けている間は日焼けを避けなければならないので困ってしまうことになります。

 

皮膚を守るためにも、ワキのレーザー脱毛の後は日焼け止めクリームなどを使用して紫外線カットをすることが重要です。

 

☆ 脱毛方法は自身での脱毛か店舗に通っての脱毛かに分かれます。