脱毛ラインについて

脱毛ラインの種類について

Vライン、Iライン、Oラインの脱毛について考えたことあるでしょうか。

 

Vライン脱毛はビキニライン脱毛とも呼ばれます。ビキニの食いこみがきつめなくで、アンダーヘアがはみ出ないように脱毛する人は多いようです。Iラインの脱毛は、アンダーヘア奥の部分、平たく言ってしまえば女性器の周りの部分を脱毛することを言います。

 

肛門の周辺にあるムダ毛を処理しなければならない場合、Oラインと呼称します。肌が敏感なVライン、Iライン、Oラインの脱毛を肌を傷めずに行うのは、難しいものがあります。自分で処理をされている方は相当大変な思いをしているかと思います。

 

自分で処理をすれば自宅で脱毛できますし、恥ずかしい思いをすることもありません。自己流での脱毛は経費がかからないという利点がありますが、手の届きづらい場所への脱毛で肌にダメージを負わせてしまったりします。Vライン、Iライン、Oラインの脱毛を徹底的にするのであれば、やはり脱毛のプロにまかせる方が無難かも知れません。

 

エステサロンによっては、V、I、O、全てのラインに応じた脱毛ができるところもあります。エステによっては、1つのラインだけの脱毛をするのではなく、それぞれのラインの脱毛をひとまとめにしてコース設定しているところもあります。

 

脱毛ラインの特徴について

脱毛ラインの特徴について説明する女性

Vライン脱毛、Iライン脱毛、Oライン脱毛をするメリットとはどういったものなのでしょうか。

 

Vラインで脱毛するのは下着の外側のアンダーヘアです。Vラインより奧にIラインが、もっと奧まで行ってお尻にはOラインがあります。VラインとIラインに関していうなら、水着や下着からアンダーヘアがはみ出す心配がなくなります。水着を着ている時の姿勢を気にする余り、行動が不自然なものにならずに済みます。

 

人前で着替えの必要があった場合でも、きまりの悪い思いをすることもないでしょう。IラインとOラインに関して言うならば、ほとんどの女性に毎月やってくる生理のときの蒸れが軽減されます。

 

VラインもIラインもOラインも普段は洋服で隠れている部分です。重要度は腕や脇の毛の方が高いという考え方もありますが、おりもののにおいを感じる機会が減って快適性が上がったという方もいます。

 

精神的なメリットはむしろワキや腕や足などに比べたら高いといえるかもしれません。具体的にどこまで脱毛するかは、カウンセリングの段階でしっかり決めます。Vライン、Iライン、Oラインそれぞれどこまでの範囲の脱毛を行っているかはエステサロンによっても差がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

☆ 脱毛方法は自身での脱毛か店舗に通っての脱毛かに分かれます。