ワキの永久脱毛について

ワキの永久脱毛

ワキの永久脱毛、腕を上げてワキを見せる女性画像

ワキ毛を根絶するなら、永久脱毛がいいにこしたことがありません。脱毛は自宅でもできますが、永久脱毛は自宅ではできません。医療施設やエステサロンならば、ワキの永久脱毛処理が可能です。

 

最近では、永久脱毛にはレーザー脱毛をワキに行うという手段を取ります。
レーザー脱毛が可能な部位は、ワキだけではありません。
体のどの部分の体毛でも、永久脱毛を施すことは可能です。

 

レーザーによる永久脱毛は、毛根のみにレーザー光を照射するため、アトピー性皮膚炎や肌質の弱い人でも行うことができる脱毛方法です。
ワキ毛は、レーザー脱毛で永久脱毛をする人が最も多いところです。

 

通常の脱毛ですと、皮膚に埋もれた部分が青みを帯びてしまうことがありますが、レーザー脱毛の場合は、その心配は必要ありません。
反対に、ワキ下をレーザー脱毛でケアすることによって、ワキの毛根が破壊され、毛穴が締まって皮膚がなめらかになります。
す。
肌がすべすべになったり、くすみが消えて永久脱毛前よりも美肌になったという体験談もあります。

 

家庭では、脱毛といえばカミソリや毛抜きを使う方法が大半ですが、それでは永久脱毛にはなりません。
永久脱毛とは、ワキだけに限らずムダ毛を毛根からとりのぞくことをいいます。

 

ワキの永久脱毛をする方法

永久脱毛をワキに施したい場合は、エステや皮膚科の病院に行きます。
どちらもレーザーによる永久脱毛が主流となっているようですが、使用しているレーザーの種類は異なります。病院などでは、医療レーザー脱毛で永久脱毛を行います。

 

安全面やアフターケアの良さが、医療機関で永久脱毛ケアを受ける際の利点です。
ワキ以外の部分も対応しています。

 

エステサロンで用いられているレーザー脱毛器具より、医療機関で使われているもののほうが出力が高いので効率よくワキの永久脱毛をする事ができます。

 

ワキのムダ毛に高い出力のレーザーを当てることによって、ムダ毛の再生を行う毛乳頭に熱を集中させ、毛の再生を防ぎます。医療レーザーでの永久脱毛のほうが、エステで行う永久脱毛よりも確実に脱毛できます。

 

永久脱毛は一度の処置で完了するわけではありません。しばらく機能していなかった毛根が、数カ月後にまた新しく毛を作ることがあります。

 

その場合、同じ場所にレーザーでの永久脱毛処置をしなければならなくなります。どのくらい繰り返せばレーザーでの永久脱毛が終わるかは人によりますが、毛の再生は毛周期に関係しています。

 

ワキの場合では一般的に2ヶ月に1回のサイクルで5〜6回のレーザー照射によって永久脱毛は完成します。

 

ワキの永久脱毛の料金

ワキの永久脱毛の料金を説明する女性

ワキの脱毛か腕の脱毛か、エステの脱毛か医療機関での脱毛かで、永久脱毛の価格設定は違います。

 

エステ同士でも医療機関同士でも異なります。
エステの永久脱毛と、病院での永久脱毛は、根本から異なっていると思ったほうがいいです。
病院で永久脱毛をしても、保険の範囲外であることは知っておきましょう。

 

ワキの永久脱毛という点では一致していても、医療機関によって価格は違います。

 

注意したいのは、施術の価格がそのまま脱毛効果の違いにはならないということです。
レーザーによる永久脱毛は、レーザーを照射する機器を使います。
医療用に使える機器の種類はさほど多くないので、機器自体の差は大同小異といえます。

 

ワキの永久脱毛の料金は機器の違いには大きく左右されないということです。脱毛をしたいワキの下にレーザーを当てることは技術がいるかもしれませんが、重要なものは機器の性能です。

 

技術力の差が、永久脱毛ケアの決定的な差になることはないようです。つまり、永久脱毛にかかる費用は、設備や技術で差がつくものではないといえます。

 

端的に言ってしまうと、医療レーザーによるワキの永久脱毛の価格の差は、広告費、人件費、機器の購入費などが複雑に絡み合った上での差と考えられます。

 

☆ 脱毛方法は自身での脱毛か店舗に通っての脱毛かに分かれます。